遠藤日向の出身中学や進路を住友電工を選んだ理由は?兄や両親と彼女についても!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!サラシュフカズノリです。

 

元旦と言えば駅伝!

 

毎年開催される駅伝は正月の楽しみの一つ。これを観ながらワイワイ正月を楽しんでいる方も多いのではないでしょうか?

ニューイヤー駅伝2018が元旦朝8:30より開催されます。その中で私が注目している選手の一人「遠藤日向」選手。まだ知らない方もいるだろうし私も知らなかったことが多々あったので今回は、

スポンサーリンク

  • 遠藤日向の出身中学や進路を住友電工を選んだ理由は?
  • 遠藤日向の兄や両親と彼女

について紹介しようと思います!

遠藤日向の出身中学や進路を住友電工を選んだ理由は?

出身中学

遠藤日向選手は1998年8月5日産まれの福島県出身の方。高校時代には陸上3000mで

高校歴代1位7分59秒18」

という驚異的な数字をたたき出しました!どのくらい凄いのかというと、

  • 高校歴代2位:大森龍之介8分04秒99
  • 高校歴代3位:佐藤悠基8分05秒82
  • 大学歴代10位:市川孝徳7分5916

と5秒以上も差をつけています。ちなみに住友電工で2017年7月9日に7分54秒79の記録も出してさらに進化を続けていることを証明しています!

出身中学は

「福島県郡山市立郡山第四中学校」

を卒業しています。

中学校でも陸上をやっており遠藤日向選手はJOC陸上競技大会と全中陸上の2冠を達成しています!JOC陸上競技大会では8分31秒26と県中学新記録樹立しています。

当時からずば抜けて速かったのですね。才能だけでなく日頃の努力や練習に打ち込む姿勢など様々な要素がありこの実力を身につけたのでしょう。今後もおごることなく日々練習しさらなる飛躍を期待しています!

 

住友電工を選んだ理由

遠藤日向選手の進路は大学進学や他の会社などあったはずですがなぜ住友電工を選んだのでしょうか?

その答えは、

「2020年の東京オリンピックは、(大学に進学していれば)大学4年で迎えることになりますが、オリンピックと箱根と2つを両立するのは自分には厳しい。駅伝に興味がないわけではありませんが、駅伝とオリンピックだったら、絶対にオリンピックに行きたい……」

引用元:https://victorysportsnews.com/articles/1006/original

という理由からです!2020年の東京オリンピックを高校の時から見据えているなんて凄い気持ちの強さですよね!また住友電工はかつて大学駅伝界のスターだった渡辺康幸監督が率いておりその渡辺監督からうちに来れば絶対に強くなると勧誘がありこの監督についていこうと決めました。

うーんなるほどなぁでも私は大学行って箱根の姿も見てみたかったと思いますね。この年代は遠藤日向選手に限らず同じことに悩み決断しているのでしょう。オリンピックがいいのやら悪いやら何かわからないですね。二と負うものは一兎も得ずといいますからオリンピック一本でメダルゲットして欲しいと思います。

遠藤日向の兄や両親と彼女

兄や両親

1996年1月21日産まれの兄の遠藤清也さんも実業団の選手として活躍しています。現在NDソフト所属で1500m走が中心種目で日本選手権で一緒に走ったこともあるそうですよ!今後も何か一緒に走ることもあるかもしれませんね!

両親については情報を得ることが出来ませんでしたが陸上に詳しい方なのか気になります!陸上は食事がとても大事で前日には、

  • 糖質中心の食事
  • 量は控えめ夕方早めの食事
  • ビタミンをとる
  • 脂質は控える
  • 食物繊維は控える

などなど細かい食事制限が大事になってきます。これを管理するのは本人もですが両親のサポートも大事です。完璧にとまではいくかわかりませんが管理してくれたから上手く成長に繋がったのでしょう。

彼女

遠藤日向選手は、

爽やかなイケメン!ゴールするとキャーっと黄色い声援もあるそうですよ。彼女がいるかまではわかりませんでしたがファンは大勢います。

こういうモテる人って彼女がいないという勝手な私の考えがあるんですよね。笑

彼女がいらないというかモテるが故にどうでも良くなるというか。はい!私のひがみです!笑

彼女がいるとしたら幼なじみとか!?って漫画の見過ぎですかね…。

まとめ

目標高く2020年東京オリンピックを目指す遠藤日向選手!無事オリンピックに出場し活躍する姿が早くみたいですね。

他にもライバルは多くいますし2020年まではまだ少し時間があるのでどうなるかはわかりません。沸々と燃える精神力で更に成長し日本1位になりオリンピック出場とこれくらい目指して頑張って下さい!

頑張れー遠藤日向選手!

それでは最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*