2018ブルームーンや皆既月食を新潟で観る時間のピークはいつ?方角や場所についても!

こんにちは!サラシュフカズノリです。

 

2018年皆既月食やブルームーンが見れる!

 

天体観測はやはりロマン。子供から大人まで皆楽しめるものですよね。

私は今まで皆既月食とはなに?ブルームーンって?というレベルでニュースを観ていました。ですが調べてみるととても神秘的じゃないですか!!

今年は新年早々観れるそうでこれは絶対観なきゃ損!私は見ます!

そして観るなら最適な場所や条件を揃えて観なくてはと色々調べてみたので紹介していこうと思います!

2018年ブルームーンや皆既月食を新潟で見る時間のピークはいつ?

皆既月食とは

皆既月食とはわかりやすく言うと、

「通常見えるはずの月が見えなくなる」

ことです。

そして月食には種類があり、

  • 部分月食→一部だけが欠けたようにみえる
  • 半影食→半分だけ欠けたようにみえる
  • 皆既月食→全ての部分が隠れてしまう

があり2018年は1月31日と7月28日が皆既月食です

言葉だけではわからないと思うのでこちらをご覧ください。

 

これは過去の画像ですがこのように赤くなったり欠けたりと神秘的な月を見ることが出来ます。

ブルームーンとは

先に言うと青い月ではありません…。汗

このブルームーンとは同じ月に2度満月が見れることをこのブルームーンと呼びます。

北米などでは「とても稀なこと」を表す慣用句として”once in a blue moon” などどして使われるようになったと言われています。

しかも2018年1月31日に現れるので皆既月食の日と重なるのです!

ロマンティックが2ついっぺんに見れるこの記念すべき日!是非直にみたいところです。

皆既月食を見る時間のピークはいつ?

皆既月食の時間

2018年1月31日と7月28日に皆既月食は見ることが出来ます!

その皆既月食1月31日は20:48~0:12までで東京で見るための最も良い時間は、

「21:51~23:08」

です。

また7月28日は3時23分~7時19分までで東京で見るための最も良い時間は、

「4時29分~6時13分」

です。

この皆既月食は全国どこで見ても見れる時間は変わらないようです。

これはなぜかというと、1月31日を例に出すと21:51には完全に欠けて皆既食となります。皆既食が1時間17分続いた後、23:08には輝きが戻り始めるからです。

この時間だけでなく、

1月31日の場合

  • 部分食の始め→20:48
  • 皆既食の始め→21:54
  • 食の最大→22:29
  • 皆既食の終わり→23:08
  • 部分食の終わり→0:12

7月28日の場合

  • 部分食の始め→3:23
  • 皆既食の始め→4:29
  • 食の最大→5:21
  • 皆既食の終わり→6:13
  • 部分食の終わり→7:19

上記がそれぞれの時間ですからこの時間を目安に楽しんでください。

また天気が非常に重要で当日の天気は晴れることを祈りましょう!

方角や場所について

皆既月食の方角

2018年1月31日と7月28日に観測出来る皆既月食は日本全国で観測することが出来ます。

そして皆既月食を見る方角は、

「月が昇る東から南東の方角」

です。

皆既月食を観測するオススメの場所

場所については夜景が綺麗に見えるような周りが暗く高い位置にある場所。

私が新潟でオススメする場所は、

「弥彦山」

です。場所はこちら、

ロープウェイ北側駐車場の遊歩道から徒歩3分で着く公園から見る夜景はとても綺麗です。落ち着いた気分になりリラックスして皆既月食が見れますよ。

皆既月食やブルームーンを上手に撮る方法

皆既月食を記念に写真に撮るためにオススメのグッズを紹介していこうと思います。

まずは防寒グッズをしっかり整えましょう!これを怠ると撮ろうにももう限界と撮る以前の問題で帰ることになります。笑

そして皆既月食を撮るためにオススメの商品が、

  • 手振れ防止カメラハンドグリップ
  • 三脚
  • スマホカメラレンズキット

など便利グッズは様々。

この中でもさらにオススメなのが最後に書いたスマホカメラレンズキットです!これはレンズを変える事によって一眼レフカメラのようにスマホを変身させる魔法のアイテムなのです。

例えば望遠レンズを装着する場合、普通スマホはズームする時に画像を切り取って行うため画質が落ちてしまします。がこの望遠レンズを使う場合そういう心配がなく画質を落とさずそのままの綺麗な画像で写真に納める事が出来るのです!

スマホカメラレンズキットはこちらから↓

まとめ

2018年1月31日と7月28日は皆既月食の登場です!

後は天気次第ですね。雨だとせっかくのこのチャンスも台無しになってしまいますから…。

是非グッズも準備し心に残る皆既月食にしてください。

あっ!ちゃんと防寒もしてくださいね。じゃないとせっかくの皆既月食も楽しもうにも楽しめなくなりますよ。

 

それでは当日皆既月食思う存分楽しんで下さい☆

2018ブルームーンや皆既月食を群馬で観る時間のピークはいつ?方角や場所についても!

こんにちは!サラシュフカズノリです。

 

2018年皆既月食やブルームーンが見れる!

 

天体観測はやはりロマン。子供から大人まで皆楽しめるものですよね。

私は今まで皆既月食とはなに?ブルームーンって?というレベルでニュースを観ていました。ですが調べてみるととても神秘的じゃないですか!!

今年は新年早々観れるそうでこれは絶対観なきゃ損!私は見ます!

そして観るなら最適な場所や条件を揃えて観なくてはと色々調べてみたので紹介していこうと思います!

2018年ブルームーンや皆既月食を群馬で見る時間のピークはいつ?

皆既月食とは

皆既月食とはわかりやすく言うと、

「通常見えるはずの月が見えなくなる」

ことです。

そして月食には種類があり、

  • 部分月食→一部だけが欠けたようにみえる
  • 半影食→半分だけ欠けたようにみえる
  • 皆既月食→全ての部分が隠れてしまう

があり2018年は1月31日と7月28日が皆既月食です

言葉だけではわからないと思うのでこちらをご覧ください。

 

これは過去の画像ですがこのように赤くなったり欠けたりと神秘的な月を見ることが出来ます。

ブルームーンとは

先に言うと青い月ではありません…。汗

このブルームーンとは同じ月に2度満月が見れることをこのブルームーンと呼びます。

北米などでは「とても稀なこと」を表す慣用句として”once in a blue moon” などどして使われるようになったと言われています。

しかも2018年1月31日に現れるので皆既月食の日と重なるのです!

ロマンティックが2ついっぺんに見れるこの記念すべき日!是非直にみたいところです。

皆既月食を見る時間のピークはいつ?

皆既月食の時間

2018年1月31日と7月28日に皆既月食は見ることが出来ます!

その皆既月食1月31日は20:48~0:12までで東京で見るための最も良い時間は、

「21:51~23:08」

です。

また7月28日は3時23分~7時19分までで東京で見るための最も良い時間は、

「4時29分~6時13分」

です。

この皆既月食は全国どこで見ても見れる時間は変わらないようです。

これはなぜかというと、1月31日を例に出すと21:51には完全に欠けて皆既食となります。皆既食が1時間17分続いた後、23:08には輝きが戻り始めるからです。

この時間だけでなく、

1月31日の場合

  • 部分食の始め→20:48
  • 皆既食の始め→21:54
  • 食の最大→22:29
  • 皆既食の終わり→23:08
  • 部分食の終わり→0:12

7月28日の場合

  • 部分食の始め→3:23
  • 皆既食の始め→4:29
  • 食の最大→5:21
  • 皆既食の終わり→6:13
  • 部分食の終わり→7:19

上記がそれぞれの時間ですからこの時間を目安に楽しんでください。

また天気が非常に重要で当日の天気は晴れることを祈りましょう!

方角や場所について

皆既月食の方角

2018年1月31日と7月28日に観測出来る皆既月食は日本全国で観測することが出来ます。

そして皆既月食を見る方角は、

「月が昇る東から南東の方角」

です。

皆既月食を観測するオススメの場所

場所については夜景が綺麗に見えるような周りが暗く高い位置にある場所。

私が群馬でオススメする場所は、

「大パノラマ展望台」

です。場所はこちら、

北関東ではトップクラスと言われています。大勢の人と一緒に皆既月食するのも同じ感動を大勢の人で共有出来るので良いと思います。

皆既月食やブルームーンを上手に撮る方法

皆既月食を記念に写真に撮るためにオススメのグッズを紹介していこうと思います。

まずは防寒グッズをしっかり整えましょう!これを怠ると撮ろうにももう限界と撮る以前の問題で帰ることになります。笑

そして皆既月食を撮るためにオススメの商品が、

  • 手振れ防止カメラハンドグリップ
  • 三脚
  • スマホカメラレンズキット

など便利グッズは様々。

この中でもさらにオススメなのが最後に書いたスマホカメラレンズキットです!これはレンズを変える事によって一眼レフカメラのようにスマホを変身させる魔法のアイテムなのです。

例えば望遠レンズを装着する場合、普通スマホはズームする時に画像を切り取って行うため画質が落ちてしまします。がこの望遠レンズを使う場合そういう心配がなく画質を落とさずそのままの綺麗な画像で写真に納める事が出来るのです!

スマホカメラレンズキットはこちらから↓

まとめ

2018年1月31日と7月28日は皆既月食の登場です!

後は天気次第ですね。雨だとせっかくのこのチャンスも台無しになってしまいますから…。

是非グッズも準備し心に残る皆既月食にしてください。

あっ!ちゃんと防寒もしてくださいね。じゃないとせっかくの皆既月食も楽しもうにも楽しめなくなりますよ。

 

それでは当日皆既月食思う存分楽しんで下さい☆

2018ブルームーンや皆既月食を富山で観る時間のピークはいつ?方角や場所についても!

こんにちは!サラシュフカズノリです。

 

2018年皆既月食やブルームーンが見れる!

 

天体観測はやはりロマン。子供から大人まで皆楽しめるものですよね。

私は今まで皆既月食とはなに?ブルームーンって?というレベルでニュースを観ていました。ですが調べてみるととても神秘的じゃないですか!!

今年は新年早々観れるそうでこれは絶対観なきゃ損!私は見ます!

そして観るなら最適な場所や条件を揃えて観なくてはと色々調べてみたので紹介していこうと思います!

2018年ブルームーンや皆既月食を富山で見る時間のピークはいつ?

皆既月食とは

皆既月食とはわかりやすく言うと、

「通常見えるはずの月が見えなくなる」

ことです。

そして月食には種類があり、

  • 部分月食→一部だけが欠けたようにみえる
  • 半影食→半分だけ欠けたようにみえる
  • 皆既月食→全ての部分が隠れてしまう

があり2018年は1月31日と7月28日が皆既月食です

言葉だけではわからないと思うのでこちらをご覧ください。

 

これは過去の画像ですがこのように赤くなったり欠けたりと神秘的な月を見ることが出来ます。

ブルームーンとは

先に言うと青い月ではありません…。汗

このブルームーンとは同じ月に2度満月が見れることをこのブルームーンと呼びます。

北米などでは「とても稀なこと」を表す慣用句として”once in a blue moon” などどして使われるようになったと言われています。

しかも2018年1月31日に現れるので皆既月食の日と重なるのです!

ロマンティックが2ついっぺんに見れるこの記念すべき日!是非直にみたいところです。

皆既月食を見る時間のピークはいつ?

皆既月食の時間

2018年1月31日と7月28日に皆既月食は見ることが出来ます!

その皆既月食1月31日は20:48~0:12までで東京で見るための最も良い時間は、

「21:51~23:08」

です。

また7月28日は3時23分~7時19分までで東京で見るための最も良い時間は、

「4時29分~6時13分」

です。

この皆既月食は全国どこで見ても見れる時間は変わらないようです。

これはなぜかというと、1月31日を例に出すと21:51には完全に欠けて皆既食となります。皆既食が1時間17分続いた後、23:08には輝きが戻り始めるからです。

この時間だけでなく、

1月31日の場合

  • 部分食の始め→20:48
  • 皆既食の始め→21:54
  • 食の最大→22:29
  • 皆既食の終わり→23:08
  • 部分食の終わり→0:12

7月28日の場合

  • 部分食の始め→3:23
  • 皆既食の始め→4:29
  • 食の最大→5:21
  • 皆既食の終わり→6:13
  • 部分食の終わり→7:19

上記がそれぞれの時間ですからこの時間を目安に楽しんでください。

また天気が非常に重要で当日の天気は晴れることを祈りましょう!

方角や場所について

皆既月食の方角

2018年1月31日と7月28日に観測出来る皆既月食は日本全国で観測することが出来ます。

そして皆既月食を見る方角は、

「月が昇る東から南東の方角」

です。

皆既月食を観測するオススメの場所

場所については夜景が綺麗に見えるような周りが暗く高い位置にある場所。

私が富山でオススメする場所は、

「稲葉山」

です。場所はこちら、

この場所は展望台の駐車場などで楽しみましょう!今回は、皆既月食ですのでこのようなのんびりする場所が良いと言えます。

皆既月食やブルームーンを上手に撮る方法

皆既月食を記念に写真に撮るためにオススメのグッズを紹介していこうと思います。

まずは防寒グッズをしっかり整えましょう!これを怠ると撮ろうにももう限界と撮る以前の問題で帰ることになります。笑

そして皆既月食を撮るためにオススメの商品が、

  • 手振れ防止カメラハンドグリップ
  • 三脚
  • スマホカメラレンズキット

など便利グッズは様々。

この中でもさらにオススメなのが最後に書いたスマホカメラレンズキットです!これはレンズを変える事によって一眼レフカメラのようにスマホを変身させる魔法のアイテムなのです。

例えば望遠レンズを装着する場合、普通スマホはズームする時に画像を切り取って行うため画質が落ちてしまします。がこの望遠レンズを使う場合そういう心配がなく画質を落とさずそのままの綺麗な画像で写真に納める事が出来るのです!

スマホカメラレンズキットはこちらから↓

まとめ

2018年1月31日と7月28日は皆既月食の登場です!

後は天気次第ですね。雨だとせっかくのこのチャンスも台無しになってしまいますから…。

是非グッズも準備し心に残る皆既月食にしてください。

あっ!ちゃんと防寒もしてくださいね。じゃないとせっかくの皆既月食も楽しもうにも楽しめなくなりますよ。

 

それでは当日皆既月食思う存分楽しんで下さい☆

2018ブルームーンや皆既月食を石川で観る時間のピークはいつ?方角や場所についても!

こんにちは!サラシュフカズノリです。

 

2018年皆既月食やブルームーンが見れる!

 

天体観測はやはりロマン。子供から大人まで皆楽しめるものですよね。

私は今まで皆既月食とはなに?ブルームーンって?というレベルでニュースを観ていました。ですが調べてみるととても神秘的じゃないですか!!

今年は新年早々観れるそうでこれは絶対観なきゃ損!私は見ます!

そして観るなら最適な場所や条件を揃えて観なくてはと色々調べてみたので紹介していこうと思います!

2018年ブルームーンや皆既月食を石川で見る時間のピークはいつ?

皆既月食とは

皆既月食とはわかりやすく言うと、

「通常見えるはずの月が見えなくなる」

ことです。

そして月食には種類があり、

  • 部分月食→一部だけが欠けたようにみえる
  • 半影食→半分だけ欠けたようにみえる
  • 皆既月食→全ての部分が隠れてしまう

があり2018年は1月31日と7月28日が皆既月食です

言葉だけではわからないと思うのでこちらをご覧ください。

 

これは過去の画像ですがこのように赤くなったり欠けたりと神秘的な月を見ることが出来ます。

ブルームーンとは

先に言うと青い月ではありません…。汗

このブルームーンとは同じ月に2度満月が見れることをこのブルームーンと呼びます。

北米などでは「とても稀なこと」を表す慣用句として”once in a blue moon” などどして使われるようになったと言われています。

しかも2018年1月31日に現れるので皆既月食の日と重なるのです!

ロマンティックが2ついっぺんに見れるこの記念すべき日!是非直にみたいところです。

皆既月食を見る時間のピークはいつ?

皆既月食の時間

2018年1月31日と7月28日に皆既月食は見ることが出来ます!

その皆既月食1月31日は20:48~0:12までで東京で見るための最も良い時間は、

「21:51~23:08」

です。

また7月28日は3時23分~7時19分までで東京で見るための最も良い時間は、

「4時29分~6時13分」

です。

この皆既月食は全国どこで見ても見れる時間は変わらないようです。

これはなぜかというと、1月31日を例に出すと21:51には完全に欠けて皆既食となります。皆既食が1時間17分続いた後、23:08には輝きが戻り始めるからです。

この時間だけでなく、

1月31日の場合

  • 部分食の始め→20:48
  • 皆既食の始め→21:54
  • 食の最大→22:29
  • 皆既食の終わり→23:08
  • 部分食の終わり→0:12

7月28日の場合

  • 部分食の始め→3:23
  • 皆既食の始め→4:29
  • 食の最大→5:21
  • 皆既食の終わり→6:13
  • 部分食の終わり→7:19

上記がそれぞれの時間ですからこの時間を目安に楽しんでください。

また天気が非常に重要で当日の天気は晴れることを祈りましょう!

方角や場所について

皆既月食の方角

2018年1月31日と7月28日に観測出来る皆既月食は日本全国で観測することが出来ます。

そして皆既月食を見る方角は、

「月が昇る東から南東の方角」

です。

皆既月食を観測するオススメの場所

場所については夜景が綺麗に見えるような周りが暗く高い位置にある場所。

私が石川でオススメする場所は、

「七尾城山展望台」

です。場所はこちら、

能登半島で1位2位を争うこの夜景スポット。程よい暗さが余計に綺麗に写します。道中暗い場所もあるので懐中電灯を用意しましょう。

皆既月食やブルームーンを上手に撮る方法

皆既月食を記念に写真に撮るためにオススメのグッズを紹介していこうと思います。

まずは防寒グッズをしっかり整えましょう!これを怠ると撮ろうにももう限界と撮る以前の問題で帰ることになります。笑

そして皆既月食を撮るためにオススメの商品が、

  • 手振れ防止カメラハンドグリップ
  • 三脚
  • スマホカメラレンズキット

など便利グッズは様々。

この中でもさらにオススメなのが最後に書いたスマホカメラレンズキットです!これはレンズを変える事によって一眼レフカメラのようにスマホを変身させる魔法のアイテムなのです。

例えば望遠レンズを装着する場合、普通スマホはズームする時に画像を切り取って行うため画質が落ちてしまします。がこの望遠レンズを使う場合そういう心配がなく画質を落とさずそのままの綺麗な画像で写真に納める事が出来るのです!

スマホカメラレンズキットはこちらから↓

まとめ

2018年1月31日と7月28日は皆既月食の登場です!

後は天気次第ですね。雨だとせっかくのこのチャンスも台無しになってしまいますから…。

是非グッズも準備し心に残る皆既月食にしてください。

あっ!ちゃんと防寒もしてくださいね。じゃないとせっかくの皆既月食も楽しもうにも楽しめなくなりますよ。

 

それでは当日皆既月食思う存分楽しんで下さい☆

2018ブルームーンや皆既月食を青森で観る時間のピークはいつ?方角や場所についても!

こんにちは!サラシュフカズノリです。

 

2018年皆既月食やブルームーンが見れる!

 

天体観測はやはりロマン。子供から大人まで皆楽しめるものですよね。

私は今まで皆既月食とはなに?ブルームーンって?というレベルでニュースを観ていました。ですが調べてみるととても神秘的じゃないですか!!

今年は新年早々観れるそうでこれは絶対観なきゃ損!私は見ます!

そして観るなら最適な場所や条件を揃えて観なくてはと色々調べてみたので紹介していこうと思います!

2018年ブルームーンや皆既月食を青森で見る時間のピークはいつ?

皆既月食とは

皆既月食とはわかりやすく言うと、

「通常見えるはずの月が見えなくなる」

ことです。

そして月食には種類があり、

  • 部分月食→一部だけが欠けたようにみえる
  • 半影食→半分だけ欠けたようにみえる
  • 皆既月食→全ての部分が隠れてしまう

があり2018年は1月31日と7月28日が皆既月食です

言葉だけではわからないと思うのでこちらをご覧ください。

 

これは過去の画像ですがこのように赤くなったり欠けたりと神秘的な月を見ることが出来ます。

ブルームーンとは

先に言うと青い月ではありません…。汗

このブルームーンとは同じ月に2度満月が見れることをこのブルームーンと呼びます。

北米などでは「とても稀なこと」を表す慣用句として”once in a blue moon” などどして使われるようになったと言われています。

しかも2018年1月31日に現れるので皆既月食の日と重なるのです!

ロマンティックが2ついっぺんに見れるこの記念すべき日!是非直にみたいところです。

皆既月食を見る時間のピークはいつ?

皆既月食の時間

2018年1月31日と7月28日に皆既月食は見ることが出来ます!

その皆既月食1月31日は20:48~0:12までで東京で見るための最も良い時間は、

「21:51~23:08」

です。

また7月28日は3時23分~7時19分までで東京で見るための最も良い時間は、

「4時29分~6時13分」

です。

この皆既月食は全国どこで見ても見れる時間は変わらないようです。

これはなぜかというと、1月31日を例に出すと21:51には完全に欠けて皆既食となります。皆既食が1時間17分続いた後、23:08には輝きが戻り始めるからです。

この時間だけでなく、

1月31日の場合

  • 部分食の始め→20:48
  • 皆既食の始め→21:54
  • 食の最大→22:29
  • 皆既食の終わり→23:08
  • 部分食の終わり→0:12

7月28日の場合

  • 部分食の始め→3:23
  • 皆既食の始め→4:29
  • 食の最大→5:21
  • 皆既食の終わり→6:13
  • 部分食の終わり→7:19

上記がそれぞれの時間ですからこの時間を目安に楽しんでください。

また天気が非常に重要で当日の天気は晴れることを祈りましょう!

方角や場所について

皆既月食の方角

2018年1月31日と7月28日に観測出来る皆既月食は日本全国で観測することが出来ます。

そして皆既月食を見る方角は、

「月が昇る東から南東の方角」

です。

皆既月食を観測するオススメの場所

場所については夜景が綺麗に見えるような周りが暗く高い位置にある場所。

私が青森でオススメする場所は、

「釜臥山」

です。場所はこちら、

夜のアゲハ蝶と呼ばれるこの場所。夜景がアゲハ蝶が羽を広げているような美しい夜景が広がります。

皆既月食やブルームーンを上手に撮る方法

皆既月食を記念に写真に撮るためにオススメのグッズを紹介していこうと思います。

まずは防寒グッズをしっかり整えましょう!これを怠ると撮ろうにももう限界と撮る以前の問題で帰ることになります。笑

そして皆既月食を撮るためにオススメの商品が、

  • 手振れ防止カメラハンドグリップ
  • 三脚
  • スマホカメラレンズキット

など便利グッズは様々。

この中でもさらにオススメなのが最後に書いたスマホカメラレンズキットです!これはレンズを変える事によって一眼レフカメラのようにスマホを変身させる魔法のアイテムなのです。

例えば望遠レンズを装着する場合、普通スマホはズームする時に画像を切り取って行うため画質が落ちてしまします。がこの望遠レンズを使う場合そういう心配がなく画質を落とさずそのままの綺麗な画像で写真に納める事が出来るのです!

スマホカメラレンズキットはこちらから↓

まとめ

2018年1月31日と7月28日は皆既月食の登場です!

後は天気次第ですね。雨だとせっかくのこのチャンスも台無しになってしまいますから…。

是非グッズも準備し心に残る皆既月食にしてください。

あっ!ちゃんと防寒もしてくださいね。じゃないとせっかくの皆既月食も楽しもうにも楽しめなくなりますよ。

 

それでは当日皆既月食思う存分楽しんで下さい☆

2018ブルームーンや皆既月食を金沢で観る時間のピークはいつ?方角や場所についても!

こんにちは!サラシュフカズノリです。

 

2018年皆既月食やブルームーンが見れる!

 

天体観測はやはりロマン。子供から大人まで皆楽しめるものですよね。

私は今まで皆既月食とはなに?ブルームーンって?というレベルでニュースを観ていました。ですが調べてみるととても神秘的じゃないですか!!

今年は新年早々観れるそうでこれは絶対観なきゃ損!私は見ます!

そして観るなら最適な場所や条件を揃えて観なくてはと色々調べてみたので紹介していこうと思います!

2018年ブルームーンや皆既月食を金沢で見る時間のピークはいつ?

皆既月食とは

皆既月食とはわかりやすく言うと、

「通常見えるはずの月が見えなくなる」

ことです。

そして月食には種類があり、

  • 部分月食→一部だけが欠けたようにみえる
  • 半影食→半分だけ欠けたようにみえる
  • 皆既月食→全ての部分が隠れてしまう

があり2018年は1月31日と7月28日が皆既月食です

言葉だけではわからないと思うのでこちらをご覧ください。

 

これは過去の画像ですがこのように赤くなったり欠けたりと神秘的な月を見ることが出来ます。

ブルームーンとは

先に言うと青い月ではありません…。汗

このブルームーンとは同じ月に2度満月が見れることをこのブルームーンと呼びます。

北米などでは「とても稀なこと」を表す慣用句として”once in a blue moon” などどして使われるようになったと言われています。

しかも2018年1月31日に現れるので皆既月食の日と重なるのです!

ロマンティックが2ついっぺんに見れるこの記念すべき日!是非直にみたいところです。

皆既月食を見る時間のピークはいつ?

皆既月食の時間

2018年1月31日と7月28日に皆既月食は見ることが出来ます!

その皆既月食1月31日は20:48~0:12までで東京で見るための最も良い時間は、

「21:51~23:08」

です。

また7月28日は3時23分~7時19分までで東京で見るための最も良い時間は、

「4時29分~6時13分」

です。

この皆既月食は全国どこで見ても見れる時間は変わらないようです。

これはなぜかというと、1月31日を例に出すと21:51には完全に欠けて皆既食となります。皆既食が1時間17分続いた後、23:08には輝きが戻り始めるからです。

この時間だけでなく、

1月31日の場合

  • 部分食の始め→20:48
  • 皆既食の始め→21:54
  • 食の最大→22:29
  • 皆既食の終わり→23:08
  • 部分食の終わり→0:12

7月28日の場合

  • 部分食の始め→3:23
  • 皆既食の始め→4:29
  • 食の最大→5:21
  • 皆既食の終わり→6:13
  • 部分食の終わり→7:19

上記がそれぞれの時間ですからこの時間を目安に楽しんでください。

また天気が非常に重要で当日の天気は晴れることを祈りましょう!

方角や場所について

皆既月食の方角

2018年1月31日と7月28日に観測出来る皆既月食は日本全国で観測することが出来ます。

そして皆既月食を見る方角は、

「月が昇る東から南東の方角」

です。

皆既月食を観測するオススメの場所

場所については夜景が綺麗に見えるような周りが暗く高い位置にある場所。

私が金沢でオススメする場所は、

「卯辰山公園の望湖台」

です。場所はこちら、

若者に大人気のこのスポットはカップルなどで夜景を見て賑わいます。まだ行ってない方は行かれて損はないと思います!

 

皆既月食やブルームーンを上手に撮る方法

皆既月食を記念に写真に撮るためにオススメのグッズを紹介していこうと思います。

まずは防寒グッズをしっかり整えましょう!これを怠ると撮ろうにももう限界と撮る以前の問題で帰ることになります。笑

そして皆既月食を撮るためにオススメの商品が、

  • 手振れ防止カメラハンドグリップ
  • 三脚
  • スマホカメラレンズキット

など便利グッズは様々。

この中でもさらにオススメなのが最後に書いたスマホカメラレンズキットです!これはレンズを変える事によって一眼レフカメラのようにスマホを変身させる魔法のアイテムなのです。

例えば望遠レンズを装着する場合、普通スマホはズームする時に画像を切り取って行うため画質が落ちてしまします。がこの望遠レンズを使う場合そういう心配がなく画質を落とさずそのままの綺麗な画像で写真に納める事が出来るのです!

スマホカメラレンズキットはこちらから↓

まとめ

2018年1月31日と7月28日は皆既月食の登場です!

後は天気次第ですね。雨だとせっかくのこのチャンスも台無しになってしまいますから…。

是非グッズも準備し心に残る皆既月食にしてください。

あっ!ちゃんと防寒もしてくださいね。じゃないとせっかくの皆既月食も楽しもうにも楽しめなくなりますよ。

 

それでは当日皆既月食思う存分楽しんで下さい☆

2018ブルームーンや皆既月食を福井で観る時間のピークはいつ?方角や場所についても!

こんにちは!サラシュフカズノリです。

 

2018年皆既月食やブルームーンが見れる!

 

天体観測はやはりロマン。子供から大人まで皆楽しめるものですよね。

私は今まで皆既月食とはなに?ブルームーンって?というレベルでニュースを観ていました。ですが調べてみるととても神秘的じゃないですか!!

今年は新年早々観れるそうでこれは絶対観なきゃ損!私は見ます!

そして観るなら最適な場所や条件を揃えて観なくてはと色々調べてみたので紹介していこうと思います!

2018年ブルームーンや皆既月食を福井で見る時間のピークはいつ?

皆既月食とは

皆既月食とはわかりやすく言うと、

「通常見えるはずの月が見えなくなる」

ことです。

そして月食には種類があり、

  • 部分月食→一部だけが欠けたようにみえる
  • 半影食→半分だけ欠けたようにみえる
  • 皆既月食→全ての部分が隠れてしまう

があり2018年は1月31日と7月28日が皆既月食です

言葉だけではわからないと思うのでこちらをご覧ください。

 

これは過去の画像ですがこのように赤くなったり欠けたりと神秘的な月を見ることが出来ます。

ブルームーンとは

先に言うと青い月ではありません…。汗

このブルームーンとは同じ月に2度満月が見れることをこのブルームーンと呼びます。

北米などでは「とても稀なこと」を表す慣用句として”once in a blue moon” などどして使われるようになったと言われています。

しかも2018年1月31日に現れるので皆既月食の日と重なるのです!

ロマンティックが2ついっぺんに見れるこの記念すべき日!是非直にみたいところです。

皆既月食を見る時間のピークはいつ?

皆既月食の時間

2018年1月31日と7月28日に皆既月食は見ることが出来ます!

その皆既月食1月31日は20:48~0:12までで東京で見るための最も良い時間は、

「21:51~23:08」

です。

また7月28日は3時23分~7時19分までで東京で見るための最も良い時間は、

「4時29分~6時13分」

です。

この皆既月食は全国どこで見ても見れる時間は変わらないようです。

これはなぜかというと、1月31日を例に出すと21:51には完全に欠けて皆既食となります。皆既食が1時間17分続いた後、23:08には輝きが戻り始めるからです。

この時間だけでなく、

1月31日の場合

  • 部分食の始め→20:48
  • 皆既食の始め→21:54
  • 食の最大→22:29
  • 皆既食の終わり→23:08
  • 部分食の終わり→0:12

7月28日の場合

  • 部分食の始め→3:23
  • 皆既食の始め→4:29
  • 食の最大→5:21
  • 皆既食の終わり→6:13
  • 部分食の終わり→7:19

上記がそれぞれの時間ですからこの時間を目安に楽しんでください。

また天気が非常に重要で当日の天気は晴れることを祈りましょう!

方角や場所について

皆既月食の方角

2018年1月31日と7月28日に観測出来る皆既月食は日本全国で観測することが出来ます。

そして皆既月食を見る方角は、

「月が昇る東から南東の方角」

です。

皆既月食を観測するオススメの場所

場所については夜景が綺麗に見えるような周りが暗く高い位置にある場所。

私が福井でオススメする場所は、

「八幡山展望台」

です。場所はこちら、

福井市中心部にありとてもアクセスがしやすくのがグッドです。また中心なので人が多いかもしれませんが皆さん一緒に皆既月食楽しみましょう!

皆既月食やブルームーンを上手に撮る方法

皆既月食を記念に写真に撮るためにオススメのグッズを紹介していこうと思います。

まずは防寒グッズをしっかり整えましょう!これを怠ると撮ろうにももう限界と撮る以前の問題で帰ることになります。笑

そして皆既月食を撮るためにオススメの商品が、

  • 手振れ防止カメラハンドグリップ
  • 三脚
  • スマホカメラレンズキット

など便利グッズは様々。

この中でもさらにオススメなのが最後に書いたスマホカメラレンズキットです!これはレンズを変える事によって一眼レフカメラのようにスマホを変身させる魔法のアイテムなのです。

例えば望遠レンズを装着する場合、普通スマホはズームする時に画像を切り取って行うため画質が落ちてしまします。がこの望遠レンズを使う場合そういう心配がなく画質を落とさずそのままの綺麗な画像で写真に納める事が出来るのです!

スマホカメラレンズキットはこちらから↓

まとめ

2018年1月31日と7月28日は皆既月食の登場です!

後は天気次第ですね。雨だとせっかくのこのチャンスも台無しになってしまいますから…。

是非グッズも準備し心に残る皆既月食にしてください。

あっ!ちゃんと防寒もしてくださいね。じゃないとせっかくの皆既月食も楽しもうにも楽しめなくなりますよ。

 

それでは当日皆既月食思う存分楽しんで下さい☆

2018ブルームーンや皆既月食を岐阜で観る時間のピークはいつ?方角や場所についても!

こんにちは!サラシュフカズノリです。

 

2018年皆既月食やブルームーンが見れる!

 

天体観測はやはりロマン。子供から大人まで皆楽しめるものですよね。

私は今まで皆既月食とはなに?ブルームーンって?というレベルでニュースを観ていました。ですが調べてみるととても神秘的じゃないですか!!

今年は新年早々観れるそうでこれは絶対観なきゃ損!私は見ます!

そして観るなら最適な場所や条件を揃えて観なくてはと色々調べてみたので紹介していこうと思います!

2018年ブルームーンや皆既月食を岐阜で見る時間のピークはいつ?

皆既月食とは

皆既月食とはわかりやすく言うと、

「通常見えるはずの月が見えなくなる」

ことです。

そして月食には種類があり、

  • 部分月食→一部だけが欠けたようにみえる
  • 半影食→半分だけ欠けたようにみえる
  • 皆既月食→全ての部分が隠れてしまう

があり2018年は1月31日と7月28日が皆既月食です

言葉だけではわからないと思うのでこちらをご覧ください。

 

これは過去の画像ですがこのように赤くなったり欠けたりと神秘的な月を見ることが出来ます。

ブルームーンとは

先に言うと青い月ではありません…。汗

このブルームーンとは同じ月に2度満月が見れることをこのブルームーンと呼びます。

北米などでは「とても稀なこと」を表す慣用句として”once in a blue moon” などどして使われるようになったと言われています。

しかも2018年1月31日に現れるので皆既月食の日と重なるのです!

ロマンティックが2ついっぺんに見れるこの記念すべき日!是非直にみたいところです。

皆既月食を見る時間のピークはいつ?

皆既月食の時間

2018年1月31日と7月28日に皆既月食は見ることが出来ます!

その皆既月食1月31日は20:48~0:12までで東京で見るための最も良い時間は、

「21:51~23:08」

です。

また7月28日は3時23分~7時19分までで東京で見るための最も良い時間は、

「4時29分~6時13分」

です。

この皆既月食は全国どこで見ても見れる時間は変わらないようです。

これはなぜかというと、1月31日を例に出すと21:51には完全に欠けて皆既食となります。皆既食が1時間17分続いた後、23:08には輝きが戻り始めるからです。

この時間だけでなく、

1月31日の場合

  • 部分食の始め→20:48
  • 皆既食の始め→21:54
  • 食の最大→22:29
  • 皆既食の終わり→23:08
  • 部分食の終わり→0:12

7月28日の場合

  • 部分食の始め→3:23
  • 皆既食の始め→4:29
  • 食の最大→5:21
  • 皆既食の終わり→6:13
  • 部分食の終わり→7:19

上記がそれぞれの時間ですからこの時間を目安に楽しんでください。

また天気が非常に重要で当日の天気は晴れることを祈りましょう!

方角や場所について

皆既月食の方角

2018年1月31日と7月28日に観測出来る皆既月食は日本全国で観測することが出来ます。

そして皆既月食を見る方角は、

「月が昇る東から南東の方角」

です。

皆既月食を観測するオススメの場所

場所については夜景が綺麗に見えるような周りが暗く高い位置にある場所。

私が岐阜でオススメする場所は、

「池田山」

です。場所はこちら、

標高800mと月に近い好条件!ベンチに座りゆっくり夜景と皆既月食を楽しみましょう!

皆既月食やブルームーンを上手に撮る方法

皆既月食を記念に写真に撮るためにオススメのグッズを紹介していこうと思います。

まずは防寒グッズをしっかり整えましょう!これを怠ると撮ろうにももう限界と撮る以前の問題で帰ることになります。笑

そして皆既月食を撮るためにオススメの商品が、

  • 手振れ防止カメラハンドグリップ
  • 三脚
  • スマホカメラレンズキット

など便利グッズは様々。

この中でもさらにオススメなのが最後に書いたスマホカメラレンズキットです!これはレンズを変える事によって一眼レフカメラのようにスマホを変身させる魔法のアイテムなのです。

例えば望遠レンズを装着する場合、普通スマホはズームする時に画像を切り取って行うため画質が落ちてしまします。がこの望遠レンズを使う場合そういう心配がなく画質を落とさずそのままの綺麗な画像で写真に納める事が出来るのです!

スマホカメラレンズキットはこちらから↓

まとめ

2018年1月31日と7月28日は皆既月食の登場です!

後は天気次第ですね。雨だとせっかくのこのチャンスも台無しになってしまいますから…。

是非グッズも準備し心に残る皆既月食にしてください。

あっ!ちゃんと防寒もしてくださいね。じゃないとせっかくの皆既月食も楽しもうにも楽しめなくなりますよ。

 

それでは当日皆既月食思う存分楽しんで下さい☆

2018ブルームーンや皆既月食を山梨で観る時間のピークはいつ?方角や場所についても!

こんにちは!サラシュフカズノリです。

 

2018年皆既月食やブルームーンが見れる!

 

天体観測はやはりロマン。子供から大人まで皆楽しめるものですよね。

私は今まで皆既月食とはなに?ブルームーンって?というレベルでニュースを観ていました。ですが調べてみるととても神秘的じゃないですか!!

今年は新年早々観れるそうでこれは絶対観なきゃ損!私は見ます!

そして観るなら最適な場所や条件を揃えて観なくてはと色々調べてみたので紹介していこうと思います!

2018年ブルームーンや皆既月食を山梨で見る時間のピークはいつ?

皆既月食とは

皆既月食とはわかりやすく言うと、

「通常見えるはずの月が見えなくなる」

ことです。

そして月食には種類があり、

  • 部分月食→一部だけが欠けたようにみえる
  • 半影食→半分だけ欠けたようにみえる
  • 皆既月食→全ての部分が隠れてしまう

があり2018年は1月31日と7月28日が皆既月食です

言葉だけではわからないと思うのでこちらをご覧ください。

 

これは過去の画像ですがこのように赤くなったり欠けたりと神秘的な月を見ることが出来ます。

ブルームーンとは

先に言うと青い月ではありません…。汗

このブルームーンとは同じ月に2度満月が見れることをこのブルームーンと呼びます。

北米などでは「とても稀なこと」を表す慣用句として”once in a blue moon” などどして使われるようになったと言われています。

しかも2018年1月31日に現れるので皆既月食の日と重なるのです!

ロマンティックが2ついっぺんに見れるこの記念すべき日!是非直にみたいところです。

皆既月食を見る時間のピークはいつ?

皆既月食の時間

2018年1月31日と7月28日に皆既月食は見ることが出来ます!

その皆既月食1月31日は20:48~0:12までで東京で見るための最も良い時間は、

「21:51~23:08」

です。

また7月28日は3時23分~7時19分までで東京で見るための最も良い時間は、

「4時29分~6時13分」

です。

この皆既月食は全国どこで見ても見れる時間は変わらないようです。

これはなぜかというと、1月31日を例に出すと21:51には完全に欠けて皆既食となります。皆既食が1時間17分続いた後、23:08には輝きが戻り始めるからです。

この時間だけでなく、

1月31日の場合

  • 部分食の始め→20:48
  • 皆既食の始め→21:54
  • 食の最大→22:29
  • 皆既食の終わり→23:08
  • 部分食の終わり→0:12

7月28日の場合

  • 部分食の始め→3:23
  • 皆既食の始め→4:29
  • 食の最大→5:21
  • 皆既食の終わり→6:13
  • 部分食の終わり→7:19

上記がそれぞれの時間ですからこの時間を目安に楽しんでください。

また天気が非常に重要で当日の天気は晴れることを祈りましょう!

方角や場所について

皆既月食の方角

2018年1月31日と7月28日に観測出来る皆既月食は日本全国で観測することが出来ます。

そして皆既月食を見る方角は、

「月が昇る東から南東の方角」

です。

皆既月食を観測するオススメの場所

場所については夜景が綺麗に見えるような周りが暗く高い位置にある場所。

私が山梨でオススメする場所は、

「笛吹川フルーツ公園」

です。場所はこちら、

新日本3大夜景に選ばれたこの場所は感動すること間違いなし!この良い雰囲気の夜景と皆既月食を一緒に楽しみましょう!

皆既月食やブルームーンを上手に撮る方法

皆既月食を記念に写真に撮るためにオススメのグッズを紹介していこうと思います。

まずは防寒グッズをしっかり整えましょう!これを怠ると撮ろうにももう限界と撮る以前の問題で帰ることになります。笑

そして皆既月食を撮るためにオススメの商品が、

  • 手振れ防止カメラハンドグリップ
  • 三脚
  • スマホカメラレンズキット

など便利グッズは様々。

この中でもさらにオススメなのが最後に書いたスマホカメラレンズキットです!これはレンズを変える事によって一眼レフカメラのようにスマホを変身させる魔法のアイテムなのです。

例えば望遠レンズを装着する場合、普通スマホはズームする時に画像を切り取って行うため画質が落ちてしまします。がこの望遠レンズを使う場合そういう心配がなく画質を落とさずそのままの綺麗な画像で写真に納める事が出来るのです!

スマホカメラレンズキットはこちらから↓

まとめ

2018年1月31日と7月28日は皆既月食の登場です!

後は天気次第ですね。雨だとせっかくのこのチャンスも台無しになってしまいますから…。

是非グッズも準備し心に残る皆既月食にしてください。

あっ!ちゃんと防寒もしてくださいね。じゃないとせっかくの皆既月食も楽しもうにも楽しめなくなりますよ。

 

それでは当日皆既月食思う存分楽しんで下さい☆

2018ブルームーンや皆既月食を三重で観る時間のピークはいつ?方角や場所についても!

こんにちは!サラシュフカズノリです。

 

2018年皆既月食やブルームーンが見れる!

 

天体観測はやはりロマン。子供から大人まで皆楽しめるものですよね。

私は今まで皆既月食とはなに?ブルームーンって?というレベルでニュースを観ていました。ですが調べてみるととても神秘的じゃないですか!!

今年は新年早々観れるそうでこれは絶対観なきゃ損!私は見ます!

そして観るなら最適な場所や条件を揃えて観なくてはと色々調べてみたので紹介していこうと思います!

2018年ブルームーンや皆既月食を三重で見る時間のピークはいつ?

皆既月食とは

皆既月食とはわかりやすく言うと、

「通常見えるはずの月が見えなくなる」

ことです。

そして月食には種類があり、

  • 部分月食→一部だけが欠けたようにみえる
  • 半影食→半分だけ欠けたようにみえる
  • 皆既月食→全ての部分が隠れてしまう

があり2018年は1月31日と7月28日が皆既月食です

言葉だけではわからないと思うのでこちらをご覧ください。

 

これは過去の画像ですがこのように赤くなったり欠けたりと神秘的な月を見ることが出来ます。

ブルームーンとは

先に言うと青い月ではありません…。汗

このブルームーンとは同じ月に2度満月が見れることをこのブルームーンと呼びます。

北米などでは「とても稀なこと」を表す慣用句として”once in a blue moon” などどして使われるようになったと言われています。

しかも2018年1月31日に現れるので皆既月食の日と重なるのです!

ロマンティックが2ついっぺんに見れるこの記念すべき日!是非直にみたいところです。

皆既月食を見る時間のピークはいつ?

皆既月食の時間

2018年1月31日と7月28日に皆既月食は見ることが出来ます!

その皆既月食1月31日は20:48~0:12までで東京で見るための最も良い時間は、

「21:51~23:08」

です。

また7月28日は3時23分~7時19分までで東京で見るための最も良い時間は、

「4時29分~6時13分」

です。

この皆既月食は全国どこで見ても見れる時間は変わらないようです。

これはなぜかというと、1月31日を例に出すと21:51には完全に欠けて皆既食となります。皆既食が1時間17分続いた後、23:08には輝きが戻り始めるからです。

この時間だけでなく、

1月31日の場合

  • 部分食の始め→20:48
  • 皆既食の始め→21:54
  • 食の最大→22:29
  • 皆既食の終わり→23:08
  • 部分食の終わり→0:12

7月28日の場合

  • 部分食の始め→3:23
  • 皆既食の始め→4:29
  • 食の最大→5:21
  • 皆既食の終わり→6:13
  • 部分食の終わり→7:19

上記がそれぞれの時間ですからこの時間を目安に楽しんでください。

また天気が非常に重要で当日の天気は晴れることを祈りましょう!

方角や場所について

皆既月食の方角

2018年1月31日と7月28日に観測出来る皆既月食は日本全国で観測することが出来ます。

そして皆既月食を見る方角は、

「月が昇る東から南東の方角」

です。

皆既月食を観測するオススメの場所

場所については夜景が綺麗に見えるような周りが暗く高い位置にある場所。

私が三重でオススメする場所は、

「朝熊山展望台」

です。場所はこちら、

調度いい光量で皆既月食を見るにはピッタリ!さらに夜景も美しいですから皆既月食を2倍楽しむことが出来ますよ。

皆既月食やブルームーンを上手に撮る方法

皆既月食を記念に写真に撮るためにオススメのグッズを紹介していこうと思います。

まずは防寒グッズをしっかり整えましょう!これを怠ると撮ろうにももう限界と撮る以前の問題で帰ることになります。笑

そして皆既月食を撮るためにオススメの商品が、

  • 手振れ防止カメラハンドグリップ
  • 三脚
  • スマホカメラレンズキット

など便利グッズは様々。

この中でもさらにオススメなのが最後に書いたスマホカメラレンズキットです!これはレンズを変える事によって一眼レフカメラのようにスマホを変身させる魔法のアイテムなのです。

例えば望遠レンズを装着する場合、普通スマホはズームする時に画像を切り取って行うため画質が落ちてしまします。がこの望遠レンズを使う場合そういう心配がなく画質を落とさずそのままの綺麗な画像で写真に納める事が出来るのです!

スマホカメラレンズキットはこちらから↓

まとめ

2018年1月31日と7月28日は皆既月食の登場です!

後は天気次第ですね。雨だとせっかくのこのチャンスも台無しになってしまいますから…。

是非グッズも準備し心に残る皆既月食にしてください。

あっ!ちゃんと防寒もしてくださいね。じゃないとせっかくの皆既月食も楽しもうにも楽しめなくなりますよ。

 

それでは当日皆既月食思う存分楽しんで下さい☆